2018年10月31日 (水)

射精コントロールは後天的なもの(スパーキー佐藤)

AV男優スパーキー佐藤は、自身の解説する早漏対策法「早漏革命」の中で、早漏は誰でも克服出来るものだと語っています。

射精コントロールは後天的なもの、つまり生まれつきの絶倫なんていうものは存在しないという事です。自身も今では長時間のピストンが出来るだけの射精コントロールが出来ていますが、昔はものすごい早漏であっという間に射精をしてしまい、夜を共にした女性にビックリされて落ち込んだ経験があるそうです。
「早漏革命」で解説される射精コントロールを身につけるための方法は、他ならぬ彼自身をそんなショックから立ち直らせてくれたものなのだそうです。
早漏で悩む男性というのは少なくありません。
スパーキー佐藤の弁からすれば男性は皆最初は早漏なわけですし、セックスのテクニックというのはなかなか人に教えてもらえるものでもないので、悩む人が相当数いるのは当然の事。
早漏改善法.clubというサイトによると、男性の3人に1人はセックスの最中に早くイってしまったという経験があるそうです。
早漏である事はおかしくもなんともありません。そこで自己嫌悪に陥ったりする必要はないのです。射精コントロール法を身につけてるためのトレーニングをしっかり行ってみてください。

2016年11月29日 (火)

AV男優スパーキー佐藤の早漏対策「興奮対策」のネタバレ

AV男優スパーキー佐藤の超早漏対策「早漏革命」は、「刺激対策」の他に「興奮対策」があります。

一般的に早漏の対策法と聞くと、どうやれば膣内の刺激に耐えられるかという事をまず考えると思います。もちろんそれはそれで耐性を付ける事で早漏の改善に繋がるのですが、実は興奮をいかに抑えるかと言うのが早漏の対策として有効なんです。
あなたは初めてセックスした時、どうだったでしょうか?
初めて見る女性の裸、初めて触る身体の感触にハンパじゃなく興奮し、それこそペニスをちょっと刺激されただけで即射精してしまった人は少なくないでしょう。あるいは逆に、あまりにも緊張して勃起しなくなってしまったり、気持ちよくなるどころではなかったなんていう人もいるでしょう。
精神的な状態は性感や射精に大きく関わる部分なんです。ここを対策する事で、たとえ刺激に対する対策が出来ていなくてもかなり長持ちするようになります。興奮しすぎないようにする方法を見につけてください。

2016年7月 8日 (金)

田淵正浩 早漏改善ブートキャンプの内容

早漏の原因は、結論から言うと「自律神経」の問題です。
自律神経のバランスが崩れることで、早漏になるという説が最も有力とされています。
自律神経には、交感神経と副交感神経があり、交感神経は「興奮」を、副交感神経は「リラックス」を司って います。セックスにおいては、副交感神経が身体へと勃起を指示し、交感神経が射精を指示します。
この時、勃起から射精への神経の切り替わりが早いと、早漏が起きるというわけです。
つまり、自律神経こそ、早漏の根本的原因であり、解決すべき上で知らなければいけないことになります。
とは言うものの、神経ならばどうしようもない!・・・と考えるのは早計です。


無料ブログはココログ